IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プライバシーセンター > パーソナルデータの連携 > グループ企業とのデータ連携

グループ企業とのデータ連携

グループ企業とのデータ連携

私たちは、グループ企業(※1)とデータ連携(※2)を行うことにより、よりよい体験の提供や、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいきたいと考えています。
(本ページは、2019年10月1日施行のプライバシーポリシーに基づく内容となっております)

※1)「グループ企業」とは、Zホールディングス株式会社ならびにその親会社、子会社および関連会社をいいます。
※2)本ページでご説明する「データ連携」とは、プライバシーポリシー3.2.に基づくYahoo! JAPANからグループ企業へのパーソナルデータの提供をいいます。

グループ企業とのデータ連携におけるプライバシー保護の取り組み

Yahoo! JAPANとグループ企業におけるデータ連携に関して、お客様のプライバシーを守るために、Yahoo! JAPANが必要なルールと体制を設け、継続的な運用と改善を行っています。

  • Yahoo! JAPANのCDO(最高データ責任者)のもとグループ企業各社にデータ責任者を設置し、お客様のデータを守り適切に利用させていただくために組織的な管理を推進しています。
  • 連携するデータに関して、氏名や住所など直接特定の個人を識別できる情報は取り扱いません。また、要配慮個人情報や、通信の秘密なども連携を行いません。
  • Yahoo! JAPANが連携したデータをグループ企業から他企業などの第三者へ連携することは禁止しています(※3)。

※3)お客様から個別に同意いただいた場合、また法令上の強制力を伴う開示請求に応じる場合を除きます。

グループ企業へのデータ連携設定

グループ企業へのデータ連携は、初期状態では行われない設定となっています。お客様がデータ連携に同意する設定を行った場合に、初めて有効となります。グループ企業とのデータ連携の可否は、グループ企業とのデータ連携設定画面(※4)からいつでも自由に変更できます。

※4)2019年10月以降、グループ企業へのデータ連携に関する設定機能を提供予定です。当該機能において、お客様が同意するまで、連携は行いません。

データ連携を行うグループ企業

データ連携の対象となるグループ企業のうち、主要な企業は以下のとおりです。(企業名は各社のプライバシーポリシーにリンクしています)

[データ連携の対象となる主要なグループ企業(50音順)] (※5)

※5) 2019年9月1日時点で、データ連携を行う可能性のある企業名を記載しています。本リストは、予告なしに更新する可能性がございます。

グループ企業とのデータ連携で出来るようになること

グループ会社とのデータ連携により、お客様へより良い体験をお届けできると考えています。それは、グループ企業の様々なサービスで、お客様一人ひとりの好みに合わせた情報提供や最適なプランの提案など、より便利で親しみやすい機能を提供できるからです。

例えば、Yahoo!ショッピングでベビー用品をご購入いただいたお客様にはお子様連れで楽しめるお店や育児に役立つ記事を、グループ企業のサービス上でも見つかりやすくできると考えています。